初めての富士登山の服装は特に初心者は機能性や安全性を重視

夏


その標高3,776メートル、日本一高く美しい山として世界にも知られる富士山は、2013年6月に関連する文化財と共に、信仰の対象と芸術の源泉~というタイトルでユネスコの世界文化遺産に指定され、日本の世界文化遺産としては13例目となりました。
海道五十三次に代表されるように、昔から日本の象徴、シンボルとして愛されてきた山は大切に受け継がれています。
ご来光を拝む為、日本一の山だから、信仰の対象として等目的や理由は様々ですが、登山の人口は山ガールで服装もお洒落になった事も影響して年々伸びています。 海外からの来客も多く、老若男女問わず挑戦する人の多い山です。 日本国内各地域でツアーを企画する旅行代理店が多く、定番のコースとして人気を博しています。 一口に言っても、山の中腹から出発する専用の道もあれば、本来の山の麓から開始するルートもあり、その人の体力や許される時間によってルートに違いがあります。 どのルートを通るにしても、挑戦をするに当たって必ず必要な事が2つあります。 1つはある程度の体力作り。 近所の丘に登る軽い気持ちでは頂上まで辿り着けません。 初心者は予定が決まったら、毎日30分は歩いたり、トレーニングジムに通う等して最低限の体力を作る必要があります。 2つ目は富士登山への服装や装備の荷物の準備ですが手ぶらの丸ごとセットのレンタルもあります。

富士登山は服装だけでなく体力面も準備しましょう

初心者で準備が判らない方は富士登山の服装セットを借りる

近年驚く程の軽い服装でトライしようとする登山客が増え、警告を出している現状があります。
この事から分かるように、山を侮ってはいけません。
山の天候の変化は激しく、前触れなく突然変化する特徴があります。 しかも、富士山の標高を考えると、1合目と5合目、更に頂上付近では春と真冬程の気温差があります。 真夏でも頂上ではマイナス気温と言う事もあります。 このような事からも自分の身体を守りつつ、変化の激しい山の天気に柔軟に対応出来る荷物の準備が必要な理由は明確なのです。 荷物と言っても、簡単な持ち物だけではありません。 初心者は服装も準備の1つに入ります。 レンタルで専用のグッズやウエアを製造販売する業者もあります、挑戦する際には専用の荷物一式を準備するのが理想です。 しかし、初めて富士登山をする人や一度だけの予定で挑む人にとって、決して安くはない用具一式を買い揃えるのは抵抗があります。 手ぶら丸ごとセットのプランもあります。

富士登山の服装の優先順位はあくまで動きやすさが一番です

子供の靴から女性用まで富士登山の服装は全部レンタルで揃います

登山用の服装にしても、インナーは日常生活で使用する機会があるとしても、アウトドア専用の速乾性があり保温性のあるウエアやズボン、砂利に強く砂の入らない工夫のトレッキングシューズや靴は他で利用する機会は殆どありません。
そんな時に便利なのが、装備や用具の貸出です。
ストックやヘッドライト等のあると便利なグッヅから、この為に設計された軽くて丈夫なリュック、ウエアにズボンにトレッキングシューズと必ず必要なグッズまで全てレンタル可能になっています。 基本丸ごとグッズのセットはメリット満載です。 準備及び片付けの時間が全くいりません。 多忙な時間を削って挑戦する人も大勢います。 富士山までの時間すら勿体無い人も少なくありません、そんな人にとって、簡単な準備の時間が不要というのは嬉しい限りなのです。 こういったセットは一度使用すると汚れたり傷んだりして、使用後の掃除や洗濯、備品のメンテナンスが必ず必要になります。 様々な状況を想定して荷造りする事、こうした下山後の片付けが不要というのは最大のメリットと言えるでしょう。 また、現地までの重たい荷物を運搬する労力もなくなります。 何も持たずに現地に行き、存分に楽しみ、手ぶらで帰宅する事が可能です。 しっかりと体力さえ温存しておけば良いのです。 金銭面でも、1度きりの為に一式購入する事を考えれば、丸ごとフルセットでレンタルした方が初心者はお得な事は確実です。 また、家族で楽しみたい場合、子供用のみ借りたりする事も可能です。 子供の成長は著しく、富士登山服を購入しても数年で使えなくなるサイズになります。 大人程種類豊富に服装は揃ってはいませんが、子供用のみの利用も賢い方法と言えます。

子供の富士登山の服装はレンタルが良い理由

単発の富士登山なら服装は全てレンタルで充分です

一般的に貸衣装と言えば、古いデザインや傷みの激しい商品を連想しがちですが、富士登山の服装レンタルに限って言えば、その心配も不要です。
世界でも名立たる一流のブランドメーカーのグッズを有し、一目で借りている物だと分からない程質の良い品を貸出ています。
当日お店に行って借りる事も可能ですが、観光シーズンや繁忙期は希望するサイズやグッズが無い事も考えられます。 予約する方が確実で安心です。 予約は電話でも可能ですが、サイズの手配ミスや伝言が簡単にうまく行かない等のトラブルを避ける為にも、ファックスやインターネットのメール等、記録に残る方法で予約すると良いでしょう。 予約後、現地で受け渡し及び返却の場合と、事前に自宅まで配達してもらう2つのパターンがあります。 出来るだけ身軽で行きたい人には現地にての受け渡し及び返却を選ぶと良いでしょう。 注意点としては、日付の変更やキャンセルは他の利用者及び店舗の利益に影響を与えてしまうので、初心者は出来るだけ避ける事です。 致し方ない日程の変更は、決定次第早目に連絡しましょう。 その際、服装はキャンセル料が発生する場合もありますので、丸ごとセットの手ぶらでも富士登山の予約の際に確認しておくと良いでしょう。

今後の富士登山の予定がなければ服装はレンタルし借りましょう

レンタルの富士登山の服装はデメリットもあります

もう一つ、借り物の服装だからと乱暴に扱ったり、意図的に汚す等のルール違反も許されません。
お互いに気持ち良く楽しむ人同士、借り物を大切に扱う事はマナーです。
富士登山の為に靴底がすり減る、汗をかいてウエアにシミが付いてしまう等、通常の行為に伴う傷みや汚れは気にする必要はありません。 そのまま返却しても問題ありません。 専門のメンテナンス費用及びクリーニング代金は使用料に含まれています。 インターネットに専門サイトもありますので、貸出可能な丸ごとセットの意グッズを簡単に画像で確認する事も出来ます。 但し、靴については賛否両論あります。 靴擦れは続行が不可能になってしまう原因の1つです。 購入した靴を当日までに何度か履いて歩き、足に慣らしてから本番を迎える方が良いという意見にも頷けます。 偏平足や外反母趾の人、初心者は なかなか自分に合う靴がないという人は、服装は靴だけ購入しても良いかもしれません。 折角の仲間との富士登山中、痛い足を気にしていては楽しく行動も出来なくなります。

富士登山服装の手ぶらのレンタルの失敗例もあります

おしゃれ

子供

女性

写真

このページの先頭へ